少子化をうたわれる現代、保護者に代わって子供の世話をする仕事がベビーシッターです。下は赤ちゃんから、上は小学生までの面倒を見ています。子供が好きという人にはピッタリの仕事です。自分の仕事を通じて子供と接することになりますので、毎日の仕事に充実感を覚えている人は多いです。

ベビーシッターの場合、幼稚園や保育所などで行われている集団保育とは違っていて、一人、あるいは二人の子供の面倒を見るのが通例です。ですから、より深く、その子供と関わっていくことができるのです。スポット的に1日や短時間だけの面倒を見るのが一般的ですが、時によっては、何年間も同じ子供のお世話をすることもあります。長期にわたってのケアをしたときなど、最初は赤ちゃんであった子が、だんだんと成長していく姿を見ていて、まるで自分の実の子の成長を見ているような気持ちを味わうこともあります。

また、産後の肥立ちが良くないお母さんや、共働きで昼間は仕事をしている夫婦など、いろんな事情の人がベビーシッターを必要としているのです。保護者から言われたことにしっかりと対応していくのは当然ですが、相手が望んでいることを事前に感じ取って、すぐ行動できるようになれば、多くの人から絶大な信頼を集めるに違いありません。ベビーシッターをしていて相応の報酬を得た人が、そのお金で念願のリフォームをしたという事例もあります。家のリフォームをしたときも、家が見違えるように装いを変えますが、子供のお世話をしていても、子供の姿が大きく変わることがあります。

ベビーシッターも家のリフォームも、そういった意味では、共通したものがあると言えましょう。窓の騒音対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です