ユニットバスが古くなってきたのでリフォームしたいと考えている人もいるかもしれません。ユニットバスは必要な設備一式がすでに揃っておりそれを持ってきて据え付ければ良いだけなので、リフォームにはそれほど時間がかかりません。それほど生活に不自由を感じることなくリフォームすることができます。ユニットバスの機能は年々向上しています。

床が冷めにくいタイプのユニットバスならば、冬場にお風呂に入る時に足元から冷えてくるのを防ぐことができます。また、浴槽も手すりが付いていて高齢者や身体の不自由な人でも出入りしやすくなっているものもあります。浴槽自体がお湯を冷めにくくする構造になっているものを選ぶと光熱費を節約できます。このため、リフォームすると快適にバスタイムを過ごすことができます。

ただ、ユニットバスは規格化されているため、デザインの自由度があまりありません。自分好みのバスルームにできないと不満を感じる人もいるかもしれません。もっとも、各メーカーは様々なデザインの製品を発売しており、バスルームの壁の色やバスタブの形などをある程度選択することが可能です。それでも好みのデザインの製品が見当たらないということもあるでしょう。

そんな時は在来工法にするという方法もあります。在来工法は以前から行われてきた工法で、職人がその場でお風呂を作っていきます。自由度が高いのが特徴で、外国製のバスタブや気に入ったタイルなどを取り入れることができます。在来工法の欠点はお金と時間がかかることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です