介護をされる家族には今後の安全性を考えても、ユニットバスにリフォームしておくとよいでしょう。身体の機能が低下したお年寄り、または身体に何らかの障害を持たれている方にとって、住まいの危険な場所は多数あります。例えば段差の危険性から、怪我の原因になってしまうことや、階段の上り下りなどそれだけで行動範囲が限られてきます。これらを改善し、少しでも快適に住むことができるよう、手すりを付けたりなどのバリアフリーは欠かせません。

これにはトイレ、浴室といった場所に設けることで、また介護される側にとっても負担が和らぎます。そして真っ先にリフォームをしておきたい場所が浴室で、なぜなら危険性の高い場所でもあるからです。まず挙げられる危険性としては温度差の危険、これは血圧の急激な上昇、下降が考えられます。これにより心臓にかなりの負担が掛かるので、ヒートショックになりやすく、脳卒中、心筋梗塞などの原因にもなりかねません。

転倒はもちろんのこと、裸で入る場所ですから、その衝撃はかなりのものとなります。そのため滑りにくい床材、手すり、段差などを解消させるユニットバスのリフォームにするとよいでしょう。施工の流れとしては固定している在来タイプなら、解体しユニットバスにするだけです。パッケージ化されたユニットバスは安価に工事ができ、また工期も短く済むこともあり、一体型ということもあり密室性による暖房効率も高く掃除も楽にできるので、リフォームするならおススメの浴槽になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です