いつも消臭スプレーを使っているにも関わらず、寝室にカビのような臭いが漂っていて、快適に就寝できないという人も東京で増えてきています。それは寝室の窓周辺や、ベッドや枕にカビの胞子が付着している事も多いためで、いくら消臭スプレーを使っても臭いが取れない事は珍しくありません。まずはカビを減らすために換気を繰り返して、カビが増えやすい状態を改善するために、エコカラットの導入をするべきか考えてみてください。東京でもエコカラットの導入事例は年々増えており、壁の素材自体が部屋の湿度を吸収してくれるために、換気を繰り返さなくても湿度を一定に保ちやすくなります。

冬場などは部屋の換気を何度も行っていると、ウイルスなども外部から入り込まないか心配になってしまうからこそ、壁の素材だけで湿度対策ができるのは便利だと好評です。室内の湿度を壁が吸収してくれる事によって、ベッドに溜まった湿気も取り除く事ができて、快適な寝心地を作り出してくれる点もおすすめできます。いつもベッドや枕が湿気だらけになっていて、すぐにシーツを変えなければ快適に眠れなかったという東京で暮らす人も、快適な眠りを与えてもらえることでしょう。カビの臭いに悩まされなくなる事によって、消臭スプレーの使用頻度を減らせるというのも、環境や健康に優しいと言えます。

消臭スプレーには身体に有害な成分が入っている事もありますから、なるべくエコカラットのような素材で湿気による臭い対策をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です