新築のときはきれいで光沢のあったフローリングも、年月が経つとともに劣化してきます。特に夫婦の間に子供が誕生すると、年劣化のペースが速くなる傾向があります。子供が成長に合わせて動き回るようになるので、おもちゃなどによって傷つくケースがよく見られるのです。その場合は補修を検討することになるでしょう。

傷みの程度が少なければ、補修をしたいと感じない人も少なくありません。しかし傷が大きくなり、靴下がひっかかったり視覚的に汚く感じるようになったりすると話は別です。毎日生活するにあたり、ストレスが溜まっていく可能性があります。一般的にフローリングの材料は木であることが多いです。

茶系は見る人に適度な暖かみを感じさせます。逆に暑いときは、光沢のある表面が涼しさを感じさせる効果もあります。実際に木製のフローリングは、通気性の良さによる恩恵があります。目に見えないぐらいの小さな穴が多く空いているのです。

また音が響きにくい特徴もあり、マンションのでは階下に与える騒音を少なくできるでしょう。しかし、そのような木製のフローリングは丁寧に使っていても、次第に傷みが目立つようになってきます。傷が付く機会がなくても、ついてなくても、紫外線や湿気の影響で劣化していくことが多いのです。南向きの日当たりが良い家で、カーテンをあまり使用していないと、その傾向は強くなります。

10年を目途にフローリングの補修について検討してみると良いでしょう。窓の騒音対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です