宿泊スキーはゲレンデ前で

by:

ホテル旅行関連雷門

せっかく宿泊してスキーを楽しむのであれば、ゲレンデが目の前のホテルや旅館がお勧めです。ホテルによっては、館内にゴンドラ乗り場があって、朝食を済ませるや否やウェアで部屋を出て、宿泊者専用ロッカールームから板を持ち、コース頂上へ向かうことも可能です。ゲレンデから少し離れた温泉旅館などでゆっくりするのも贅沢で良いですが、ガンガン滑りたい派であれば、移動に時間をかけないのがポイントです。早朝、圧雪されたばかりの斜面に最初のシュプールを描く極上の体験は、ゲレンデ隣接の宿泊施設でなければ叶いません。

突然の吹雪で撤収を余儀なくされた場合も、自分の部屋がゲレンデ前であれば、天候が回復し次第、すぐにまた滑り出すことができます。また、数日滞在する場合は、リフト券一日券ならぬ滞在中フリーパスなどもあり、ランチやドリンク、お土産のサービスほか、宿泊者だけの特典に数多く恵まれることも。日帰りで、回数多めに行くのも良いですが、シーズン中、一度は優雅に長期宿泊のスキーを楽しみたいものです。とことん滑るのが目的のスキー旅行の場合、施設内に温泉大浴場やジャグジーがあるところを選ぶのもポイントです。

その日の疲れをしっかり癒してこそ、翌日また、朝から滑降三昧できるというものです。終了時間ギリギリまでナイターを楽しめるのも、ゲレンデ隣接の宿ならではの利点です。滞在中、数えきれないほどの本数を滑って、日帰りスキー数回分以上の上達を図りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です