尾瀬の宿泊料金と注意点について

by:

レストラン旅行関連浅草

群馬、福島、新潟の3県にまたがる尾瀬は、現在はそれぞれのスタート地点までアクセスが良いことから、日帰りで訪れる人も多くいます。しかし、本来の尾瀬を楽しむには宿泊がベストであり、現在、尾瀬には22の山小屋があります。尾瀬の山小屋は、通常の山岳登山で利用されるタイプとは異なり、装備面が充実している点に特徴があります。宿泊には、当然事前に予約を入れる必要があり、定められている注意点を確認した上で利用する必要があります。

まず、料金に関してはそれぞれの山小屋によって若干の違いがあり、宿泊の場合6、500円~10、000円と様々です。宿泊料金は8、500円の山小屋が多く、1例としてこの場合、個室タイプ4人利用1泊2食で、大人8、500円、子供6、500円、幼児5、000円となっており、素泊まりでは、それぞれ、5、500円、3、500円、2、000円となります。3人利用1泊2食と男女別個室の利用では大人料金のみが9、000円、素泊まりでは6、000円となり、2人利用の場合にも同様に、1泊2食で10、000円、素泊まりで7、000円となります。キャンセル料は、3日前~前日が20%、当日50%、連絡が無い場合には100%となっており、特に到着が遅れるようであれば必ず連絡を入れることが大切になります。

宿泊の注意点としては、まず、時間があります。ほとんどの山小屋では、原則、チックイン午後1時~4時、チェックアウト午前8時にとなっており、食事も夕食が午後5時頃から7時、朝食は午前6時頃からとなります。消灯時間にも注意をする必要があり、午後9時となっているために同宿者の迷惑にならないように厳守をする必要があります。尾瀬の山小屋には、多くは浴室や水洗トイレがあるなど内容が充実していますが、自然保護のために石鹸やシャンプー使用は禁止されていることも理解しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です