パッケージツアーと最少催行人員

by:

ホテル旅行関連雷門

旅行代理店などで取り扱われているパッケージツアーというのは、現地のホテル、旅館などに泊まるための宿泊料と、移動をするための電車賃、バス代、航空機料金、フェリー料金といったものがセットになっているものを指しています。そのため、いちいち個別に申し込みをすることがないため、便利であるとともに、料金的にも通常よりかなり割安に設定されているものです。こうしたパッケージツアーは、募集をする段階で、すでに出発する日時や期間などといったものが決まっているものですが、場合によっては中止とされてしまうようなこともあります。これは、突発的な事故や災害などのほかに、最少催行人員を満たさなかったということが理由となるものです。

この最少催行人員というのは、パッケージツアーを開催するのに最低限必要となる人数のことで、募集をしてもその人数に達しなければ、予定日よりも一定の期間以上前の段階であれば、旅行会社のほうが中止を決定して、申込者に通知することができるとされているものです。これは、旅行会社そのものの都合というよりも、電車や航空機などの運賃が、そもそもツアーとセットで販売する場合に限定して割引になっており、その割引の条件を満たさなくなってしまうというところが大きいといえます。しかし、最近では旅行の個人化がすすんだことから、最少催行人員が1名からでもパッケージツアーを実施するとしている旅行会社もあらわれてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です