夜間出発のスキー旅行とは

スキーをするためにはゲレンデまでの移動手段や現地での宿泊手段を確保することが必要ですが、これが同時にできてしまうのがパッケージツアーのメリットといえます。

冬場になると各地の旅行代理店を通じて発売される、いわゆるスキーツアーがそれにあたりますが、その際の交通手段にはいくつかの種類がありますので、プランの内容は旅行代理店の店頭にあるパンフレットなどでよく確認しておくことが求められます。このようなスキーツアーのなかでも、バスが交通手段に掲げられているものは、乗り換えの手間がいらず料金的にも安いので人気です。バスといっても日中に集合場所から出発するものと、夜間になってから出発するものにわかれます。

夜間のものはいわゆる夜行バスという扱いになりますが、一見すると日中に出発するバスよりも不便に見えて、実は意外と大きなメリットをもっています。たとえば夜間発であれば会社での仕事を終えてそのままバスに乗り込めますが、日中発では会社をわざわざ休まなくてはならないことが多いはずです。加えて現地までの移動の時間は車中泊の時間に充てられますので、別にホテルなどの宿泊施設を予約する必要もなく、なおさら時間の有効活用が可能になります。

現地のゲレンデ到着も翌朝ですので、朝から夕方まで通してスキーを楽しむことができ、その点でも時間確保の工夫としては優れています。夜間出発の場合には車中泊をともなうことから、旅行会社でもカーテンで個別に仕切りができて周囲の目が気にならないような配慮をしたり、車内で毛布などの貸し出しをしたりといったサービスをしていることがあります。ほかにも女性のためにパウダールームを車内に設けた車両や、ある程度座席側でも空調の調節ができる車両なども投入されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *